オンラインコミュニケーションの悩みを解決する2つのこと

相手を感じるチカラ
琴線に触れる言葉づくり

お誕生日や名前の数字と色を使って事業の流れを掴み
育成力を高めるコミュニケーションを知って心を掴む
毎日かずいろブログvol.885

こんにちは!
数と色の先生さちです♪

オリンピックのソフトボール
13年越しの金メダル!

この13という数字を見た時
数と色の先生の私のクセだよね…

あぁ 種を植えて
試行錯誤しながら
失って、立て直して

全部を乗り越えて
仲間と形にしてきたんだな
って思いました。

13って数字は
数秘で言うと「4」
形にする。仲間、家族の数字。

次にどんな感じで
変化していくのか楽しみです♪

連日
アツい戦いが繰り広げられる中
昨日は かずいろ講師一アツい女の清乃先生に

「感じるコミュニケーション力
マスター講座第一講」の補講を
おこないました。

イベントに多数出店されたり
売れっ子パン講師でもある清乃先生

予定を組んでいた講座日に参加が出来ずに
第4講以外は、すべて補講です。

マンツーマンなので
仲間からのワークのシェアが無いので
そのあたり
フォローしながらおこないます。

「なんでも吸収する!」
画面を通して想いがビシバシ伝わる
清乃先生の最大の武器は

人への愛が暑苦しいくらいアツいとこ(笑)

ただね、想いがデカい分
言葉に出来ない部分もきっと多いのだろうと思う。

想いが言葉に追い付かない…

想いのある先生業の方、
人を育てるということをされてる方なら
きっと経験あると思います。

講義の中でお伝えしたワークの一つ一つ
ロジックの一つ一つに大きく頷かれる姿が印象的な
清乃先生でした。

そんな清乃先生から頂いた感想には
「まさに、アツい想いを伝えきれない先生業のための講座ですね」と書かれてありました。

清乃先生ありがとうございます。

さて講座の中で
「伝わるたに大切な2つのこと」として

・相手を感じるチカラ
・琴線に触れる言葉づくり


を、お伝えしています。

相手のことを感じ取ること
(感じる姿勢)のトレーニングに
「いろ」を使っていきます。

琴線に触れる言葉をづくりでは
相手の感覚に寄り添いながら
構成も意識して言葉を紡ぐワークをします。

想いが熱いからこそ
想いで押し切るだけじゃなく

一旦、色で自分を冷静にして
構成を整え、数字や図形を使って
「想いを見える化」して
最後はきちんと言葉にする。

しっかりと「言葉化」することで
安心、安全、アゲージョな関係構築が出来ていきます。

今週末は
受講生さんに個人面談も行うので
さらに個別具体的にアドバイスしていきます^^

オンラインでも、リアルでも遜色なく伝わる。

コミュニケーションの常識を壊していきたいと思います^^

今日のアゲ語
オンラインコミュニケーションを諦めない!

「感じるコミュニケーション力マスター講座」仮予約したくなったら→お問い合わせ

あなたが大好きな仕事を続けて
いけるように「かずいろ」を
使ったビジョンコンサルと

心に触れる
感じるコミュニケーション」で応援させてくださいね。

アメブロで毎日書いてきたvol.807までの
「アゲ語も書いてた」毎日ブログとvol.833 vol.834はコチラ^^
https://ameblo.jp/agejyosachi/

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

関連記事

最近の記事

  1. 経営者だって「人の親」

  2. 「ロゴマーク」は接着剤♪だと思って作ってみたら…

  3. 【小さな家族経営の事業承継はじめの一歩】親子コミュニケーション2つのポイント♪

  4. アナタの町のブランドは?

最新情報

2022年4月のアカデミー情報(開講情報&セッション可能日)

代表の藤川(さち先生)です。 2022年4月のアカデミー情報です♪ *情報の見方* 受講生を募集の場合は(受講生募集)と記載しています。 記載のないものについては申し込みできませんので ご希望の日を数日ご連絡いただけます […]

2022年3月のアカデミー情報(開講情報&セッション可能日)

代表の藤川(さち先生)です。 2022年3月のアカデミー情報です♪ *情報の見方* 受講生を募集の場合は(受講生募集)と記載しています。 記載のないものについては申し込みできませんので ご希望の日を数日ご連絡いただけます […]

2022年2月のアカデミー情報(開講情報&セッション可能日)

代表の藤川(さち先生)です。 2022年2月のアカデミー情報です♪ 受講生を募集の場合は(受講生募集)と記載しています。 記載のないものについては申し込みできませんので ご希望の日を数日ご連絡いただけますと、調整させてい […]

ヒト関係性分析かずいろとは?

かずといろのアカデミーとは?

PAGE TOP